『ハチドリのひとしずく』(辻信一)~小さな水を集めるために

世界各地で自然災害が数多く発生しています。災害の状況を見る度に、地球が壊れてきている事を痛感し、私たち人間の無力さを思います。私たちにできる事は一体どんなことなのでしょう。

今回は、南アメリカの先住民に伝わるお話を、辻信一さんが監修した「ハチドリのひとしずく」を紹介したいと思います。

ハチドリのひとしずく

■ 「ハチドリのひとしずく」のストーリー
森が山火事となり、多くの動物が我先にと逃げ出しました。でも、ハチドリは口の中に一滴の水を含んでは火にかけ、また口に含んで…と何度も行ったり来たりを繰り返します。

ハチドリは中南米、北米に棲息する、体長わずか10センチ程度の小さな鳥です。その姿を見て、他の動物たちは笑いました。

「そんなことをして、一体なにになるというのか」

と。しかし、ハチドリは言います。

「私は、私にできる事をしているの」。

■ 「ハチドリ」の小さな体と大きな力

「ハチドリのひとしずく」は短いお話ですが、とても大切な事を教えてくれます。辻信一さんの解説にもあるように、笑った動物たち=悪人、というストーリーではないのです。ハチドリのひとしずくはとても小さいけれど、動物たちも力を合わせたら、たくさんの水を運ぶ事ができる事を知らなかっただけ…。

この物語は山火事という内容でしたが、何だか今の地球ととても似ていると思いませんか?

壊れゆく地球、そしてこのままではいけない、早く何とかしないと、と警鐘を鳴らす人間達。

あなたはハチドリですか?

それとも、

「何になるというのか」

と笑っている動物たちの方なのでしょうか。

知らないこと=悪人、ではありません。知っていながら何もしない事が、悪人だと思うのですが、あなたはどう思いますか?

■ 私たちは「ハチドリ」になれるのか?

私たち人間にできる事は本当に少ないです。手は二本しかないし、その手でできる事はほんの僅かです。

でも、ハチドリが毅然と、

「私にできることをする」

と言ったように、ほんの少しの行動が山火事を消す事もあるでしょう。

以前読んだマンガで、

「やらない善より、やる偽善だ」

といった台詞がありました。偽善でも何でも、燃えているのは私たちの森(地球)なのです。

どんなことでもいい。何かしら自分から始めてみよう。

「ハチドリのひとしずく」はそういった事を、たった17行の物語で教えてくれるのです。

■ まとめ

「ハチドリのひとしずく」は多くの人々の共感を得ています。やはりその理由は、多くの人が、

「このままでは地球が燃えてしまう」

と危機感を抱いているからなのではないでしょうか。

この本を監修した辻信一さんは「自分にできるひとしずく」として、多くの人にハチドリの物語を伝えるためにこの本を作ったそうです。

立ち向かう火事はとても大きくて熱い。でも、周りには多くのハチドリが側にいます。ほんの少しの勇気を持って、火事を消すために動いてみませんか?

以上、辻信一さん監修、「ハチドリのひとしずく」を紹介しました。