『おおきな木』(シルヴァスタイン)~絵本が教える永遠の愛情

シェル・シルヴァスタイン作の「おおきな木」は、ほんだきいちろうさんが翻訳を手がけた後、作家の村上春樹さんが翻訳された事で話題になりました。

きれいな緑色の表紙を見かけた事がある人も多いでしょう。本文は線画のみで色はなく、とてもやさしい文章で表現されています。でもこの絵本、とても内容が難しく、一読ではとても理解が出来ません。今回はそんな考えさせられる絵本、「おおきな木」を紹介します。

おおきな木

■ 「おおきな木」のあらすじ

あるところに、1本のりんごの木と、少年がいました。少年と木はとても仲良し。お互いの事が大好きで、少年は木に登り、りんごを食べ、疲れたら木陰で休みました。木はとても嬉しくて、少年に手をさしのべるかのように枝葉を伸ばします。木の幹はいつも、少年を追いかけて左右に動いています。

しかし時は流れ、少年は成長します。木はひとりぼっちの時を過ごす事が多くなりました。

ある日成長した少年が木の元へやって来ました。嬉しくて仕方のない木に向かって少年は、

「もう小さな子どもじゃないんだよ、お金が欲しいんだ」

と木に無心します。木は、

「りんごを売ってお金を得なさい。幸せになりなさい」

と告げます。少年は木にあるりんごを全て持って行ってしまいました。それでも木はとても幸せでした。しかし木はまた寂しい時間を過ごします。その後も少年はことあるごとに木に無心を続けます。家がほしい、船がほしい。その度に木は枝葉を差し出し、幹を差し出し、とても幸せでした…。

やがて老人になってしまった元少年がやって来たとき、木にはもう何もありませんでした。ごめんなさい、とささやく木に、元少年は、

「もう何もいらない、ただゆっくり座れる場所があればいい。とても疲れた」

と告げました。なら、と木は、切り株だけになった体をしゃんと伸ばして言いました。

「私に座りなさい。切り株は座るのにちょうどいいから」

元少年はそこに座り、木はとても幸せでした。

■ 少年の幸せを願い続ける木

初めてこの絵本を読んだとき、少年が憎くて仕方がありませんでした。木の気持ちを全く気にかけないで、ただただ自分の事だけしか考えない少年は、どこか私自身に似ていたからかもしれません。

しかし、なぜ木はそこまでして少年に与え続けたのでしょうか。木の幸せは自分を犠牲にして、一生を少年と暮らす事だったのでしょうか。

多くの人が、この絵本の少年と木に「母親と子ども」の関係を見ると思います。「木」を母親に置き換えて考えてみましょう。子どもを一番に愛し、どこにも行かせず、欲しいものは全て与え、母親とだけ生きる。

そういった事が木の幸せだったのでしょうか。いいえ、きっと違います。少年が無心する度に木は言います、

「幸せになりなさい」

と。少年が幸せになる姿、それこそが木の幸せなのではないでしょうか。少年の人生に何があったのかは語られていません。ただ、あまり幸せな人生ではなかったのだろうな、というのが窺われます。だからこそ、木は与え、それで少年の幸せを願ったのかもしれません。

もちろんこれは、私の解釈です。全く違った考えを持つ人も大勢いるでしょう。その時はこう思ったけど、時間が経ったら解釈が変わるという事もあります。何度も読み返して、その度に考える絵本。「おおきな木」は、素晴らしい魅力をもった絵本だと思います。

■ まとめ

「おおきな木」は1964年に出版され、30以上の言語に翻訳された絵本です。世界中でたくさんの人に読み継がれてきたこの絵本は、読んだ人の数だけ解釈があるでしょう。きっとそれがこの絵本の読み方です。あなたは、少年と木の事をどう思いますか?憎いでしょうか、哀れに感じるでしょうか。それとも全く違った事を思うのでしょうか。ずっと本棚に入れて、たまに思い出してまた考える。そんな絵本の紹介でした。